読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュアルがおすすめ!ドライバー

密着感が改善したためか!音は低音がかなり強く感じを受けます。耳にスッポリ収まっていいです。【その他】もう少し安くなれば良い感じかなーと思います。

下記の商品です♪

2017年04月04日 ランキング上位商品↑

デュアル ドライバーデュアルドライバー イヤホン (912834)

詳しくはこちら b y 楽 天

音漏れは他人に指摘されない限りはわかりませんよね。【携帯性】こういうShure掛け仕様になっている以上どうしようもないですが、本体もそれなりに大きめなのでコンパクトには纏めにくい印象。ダブルフランジを使用した場合!音のバランス良く感じますが良い音のポジションに固定することが難しいです。損はしない商品です。イヤピースのゴムも!以前のモデルはもっと薄く!耳に入れるとペコペコと音がするような代物でしたが!こちらは厚みも及第点になり!装着感が増しているように感じられました。問屋ホンの底力を感じました。良かったです。というかこれ以外のイヤホンも音質良くして欲しいとドスパラで視聴して思いました。以前!同店舗で購入したイヤホンがダメになったので 買い替え購入しました。使用機種 Xperia Z3 Compact(SO-02G)音も良い!耳に引っかけられるのもポイント高い!買って良かったです。”ということをイメージされる方もいるかもしれませんが、音場が広く、それなりにしっかりと分離しているので、ボーカルなどもしっかり前に出てきます。耳に入れる部分のゴムが大きかったためなのか、少し音がと・・・・と当初思いましたが、付属のゴムを替えてからは、良い音が出ていると思います。中には致命的に相性が悪いものもありますが!もちろんその逆もあり!相性抜群の曲に出会ったときの爽快感は特筆すべきものがあります。解像度が低く感じる大きな要因として、高域の再生能力が極めて低いことが挙げられます。シングルフランジでは音がこもってしまうことと!装着の度に振動板がベキベキとなってしまいます。ブルーを購入しましたが!スケルトンの見た目が良い。ただ、WEB上で見た写真と実物を比べるとやはりチープな感じはあります。ハウジングが安めの樹脂の為、メリハリは緩めなのは値段的に仕方ないレベルですが、なれるとあまり気にならないと思います。量感のある低域と広い音場が最大の特徴で!暖色系の明るい音色が音楽を楽しく聴かせてくれます。それと!ダブルフランジイヤピースを使い!上手く耳の奥まで差し込むと中低音も良い感じです。この価格帯でこれだけの遮音性あるものは少ないんじゃないでしょうか。買って良かったです。そんなに音質にこだわらないので!この値段の商品としては満足してます。あくまで素人の耳で聴いた感想ですが。調整がハマれば千円が万円クラスに?【SONY Xperia】で【Google Play Music】を利用中ならば(※ 画像のように設定してぜひ試してみて下さい。【音漏れ防止】【外音遮断性】大雑把に分ければは遮音性も音漏れも同じだと思いつつ、遮音性は高く音楽を流してやれば周りの生活音が殆ど聴こえなくなります。私自身の耳がこのイヤホンの音に慣れただけかも知れませんが。【音質】音の傾向はいわゆるドンシャリ。【遮音性】高い遮音性を有していることでも有名なShure SE215を所有していますが、遜色のない遮音性を実現できているように感じます。ちなみにアップデートする前は「radiko」「dヒッツ」などでも音質設定が反映していました。コネクタの無我横を向いており!丸めたときにケーブルへのストレスが少なそうです。この価格からすると遮音性、音質とも大満足です。【音質】価格なりとあるものの1500円以下であれば良い方だとは思います。高域のピークが非常に低く、曲にもよりますが、声の高い女性のボーカルなどは、一語一語ほぼすべてが刺さるという有様になることもあります。お値段以上だと思います。しかし、こういったケースに出会うよりも、自慢の中・低域や、音場の広さが生きる曲の方が多いと思いますので、これについてはそこまで強く懸念するようなことではないかと思います。-追記 : 音楽からピンクノイズに変えてのプラス30時間!計100時間越えのエージングでそれまでの!AMラジオと言われても仕方の無い音より!わずかではありますが高音が増しました。Shure SEシリーズを意識したデザインの1本です。使用する音量にもよりますし!まぁ遮音性的にそこまで漏れないだろうと。小さいやつに比べての感想です。これについては使用するイヤーピース(付属品)によって幾らか改善可能で!聞くに堪えないようなレベルではありません。またハウジングのポートにはナイロンメッシュまで装着されているのにステム側に空気抜きの穴等もなく何も工夫が無いのは残念です。【デザイン】以前の個性的なよくわからないデザインからどっかで見たことある形にカラフルになった感じ。-音質は他の方のレビューを参考にし!あまり期待せずに購入したのですが!この値段なら私にとっては及第点でした。他の機種も試してみたいです。あの値段であのフィット感はいいですねこれまで使っていた物のケーブルが痛み、変え変えました。タッチノイズなども無く、かなり優れています。Shureを見習ったデザインになったことや、イヤフック部分の質が改善され、Shure SE215とほとんど変わらない感覚での取り回しが可能です。レビューで紹介されたより低音は軽めでしたが、全体的に音の解像度は良かったと感じました。特筆する特性はないと思いますが,そこそこにいい感じで使用できています。解像度は低いようです。ジョギング用に使おうと思いましたが周りの音が聞こえなそうなので見送ります。音質については他のレビューみたいに詳しいことはわかりませんが満足のいく音です。ますますお気に入りになりそうです。おすすめ試聴 Depth 中田ヤスタカIGNITE 藍井エイルあとはイヤピースとドライバはこのままでもケーブルをもっと良いものにしてほしいですね! ※現在Android 4.4(KitKat)などの旧機種をAndroid 5.0(Lollipop)にアップデートすると「Google Play Music」「Youtube」などの限られたアプリしか音質設定が反映しなくなる問題があるようです。装着感はかなり前作よりも改善されています。只、少しおもちゃっぽいと言うか、チープな気もするが、デュアルドライバーが透けて見えるので、知らない人には高そうに見えるかも… 音質は値段の割に使える商品です。気軽に買えるお値段であることを考えれば、持って置いて損はない一品ではないでしょうか。低音はもちろんそこそこ鳴っていて、高音も確かにやや足りませんが苦になるほどではないです。SHUREの215SPEを思わせる(色合いは少々異なりますが)、スケルトンで美しいブルー。解像度は1000円台のイヤホンであることを考えれば並み以上と言えると思いますが、私的には両手をあげて満足できるレベルではありません。中・低域は良いのですが、高域は一転して悪く、低価格のドンシャリ系イヤホンによく見られるシャリシャリとした質感で、この部分に置いては1000円未満のイヤホンと同等の水準でしょう。これからお出かけが楽しくなりそうです。遮音性はダブルフランジタイプが良いですね。【フィット感】それなりにフィットしてます。構造を見ると音の出口まで低音用のドライバーはストレートになっていますが高音用のドライバが側面から音が入る構造になっています。気持ちの問題でしょうが!エージングを1時間程度こなしてからの方がレスポンスがよくなったと思います。ダブルドライブで音域は以前の入りはるかに良いのですが、納まってるケース(ボディー)の材質の為か 鳴らし込んでみても仕方のない軽い音感が 聴くジャンルにより気になります。。実際1000円程度のでもイマイチな国内メーカー産とか結構ありますしね。届いてすぐに聴いた際はボーカルがやや右寄りで!もしかして不良品に当たってしまったのでは…と焦りましたが!イヤピースを付け換えたり!装着位置を変えたり!頼みの綱のエージング(70時間くらい)などを行っていたら幸い真ん中になりました。フィットするということは耳の形状を選ぶかもしれません。クリアで中が見えて面白いです。[設定]→「音と通知」→「オーディオ設定」→「サウンドエフェクト」→「イコライザー」 左から -2,+8,+10,+8,+6 CLEAR BASS -3 個体差で微調整して下さい、コツは低音をマイナス調整にすることです。若干篭り感もありますが、それもそれ程気にはなりませんでした。【つけ心地】以前のモデルと比較して大変進化しています。-なによりデザインを重視して購入したのですが、これについては大満足です。”量感のある低音”というと、”低音に押されて他の音域が埋もれてしまう。このイヤホンはオールマイティーにどんな曲でも良く聴こえる訳ではありません。後はまぁ後継機であるのであれば、多少は音が良くなる傾向にあると思うので期待です。